menu

ホテルグランヴィア広島

会社情報

TOP > 会社情報 > 採用情報 > ホテルグランヴィア広島で働く > 調理部

ホテルグランヴィア広島で働く

〜Work at Hotel Granvia Hiroshima〜

調理部
7つの部門の中で、一番正社員が多いのが調理部。宴会場と直営レストランで提供するメニューを開発、提供しています。
料理の世界も、美味しいだけではなく、季節感や地産地消、見た目の美しさなど、お客さまによりご満足いただくために、多くのことを求められています。しかし何と言っても、一番は安全安心な料理を提供すること。2017年から、HACCAP(ハサップ)という国際的な衛生管理基準を一部導入するほか、アレルギー対応や異物混入防止への対策など、高い意識を持って日々安心をお届けしています。
当社では各スタッフの専門技術のスキルアップはもちろん、食品衛生に関する知識もしっかりと教育指導しています。その結果、開業以来食品事故0件の記録を維持し続けています。
前垣内勇斗(まえがきうちゆうと)

調理部・宴会洋食

第1回ひろしまシェフ・コンクールでひろしま県知事賞を受賞し、フランスの一つ星レストランで約1年修行させてもらいました。料理は日々の研鑽がものを言う世界です。今でも先輩から注意されますが、自分では気がつかないことなのでありがたいと感じています。これからもフランスで学んだことを還元できるように日々取り組んでいきます。

刀根義人(とねよしと)

調理部・日本料理「瀬戸内」

第1回ひろしま和食コンクールで広島県知事賞を受賞しました。これも日頃から指導いただく先輩方のおかげです。受賞後、広島の食文化を発信するため、メキシコのグアナファト州で行われた国際フードフェスティバルに参加させていただきました。海外の調理人と交流することで、自分がどれだけ恵まれた環境にいるかを認識しました。これからは先輩に技術やノウハウを教えてもらうだけでなく人としても成長していけたらと思っています。